目次 > 「奥山型樹木葬墓地」見学会のご案内

「奥山型樹木葬墓地」見学会のご案内


桂宮庵付近から見た早池峰山

 花巻市大迫町、北上山地の霊峰・早池峰山に連なる奥山の―画に、「ひっそりと大自然に眠る」形式の墓地を平成18年度から開設します。墓地経営については、平成17年7月8日に「墓地、埋葬等に関する法律」の規定による許可を得ており、その規模は約l万uです。

平成24年度見学会の日程
■ 5月27日(日) 東北新幹線新花巻駅前でお出迎えします
■ 9月17日(月<祝日>) 東北新幹線新花巻駅前でお出迎えします
* 「はやて11号」 東京発9時16分、新花巻着11時47分が便利です 。
  (ただし、全車指定席となっています)
* 東北本線「花巻空港駅」利用の方は別途連絡します。
■ 埋骨日:現地説明会の前日
■ 供養会:9月17日 (午前)
■ お問合せ・お申し込みは下記へ。
〒021-0102
岩手県一関市萩荘字栃倉73-193
知勝院
電話 0191-29-3066(午前9時30分から午後4時)
FAX 0191-29-3067
                                
* 出迎えの都合上、見学会参加ご希望の方は事前のお申し込みが必要です

                                

奥山型樹木葬墓地の概要

 この墓地は、樹木葬の発案者、祥雲寺住職千坂げんぽうが世におくる第2弾の樹木葬墓地です。
 埋骨地と供養する場所とが、3kmほど離れています。埋めるところ(うめ墓)と供養する場所(まいりの墓)とが分離している形は、関西などを中心にかつて行われていた「両墓制」といわれる葬法を現代版として取り入れたものです。
 この形を採用することによって、杉を植林したまま荒れている奥山の整備が行われ、水源の森保全が実現するのです。


所在地 岩手県花巻市大迫町内川目(新花巻駅から北東へ約25km、車で約30分)
面 積 一定の面積(直径1.5メートルの円内)
形 態 埋葬地を示すものとして、低木を植え、墓石、骨堂などの人工物は一切設置を禁じます。
条 件 あらゆる宗教宗派を問いません。
使用料 1体20万円(埋骨作業に関する費用、墓石代わりの低木の費用を含む)
親族が埋葬を希望する場合は近くに埋葬地を求める事ができます。その際は個人ごとに1体10万円が必要です。
年会費 無し(ただし、里山型樹木葬墓地の会報「樹木葬通信」をご希望の方は、年会費八千円を納入して頂きます)
低 木 墓石の代わりとなる低木はムラサキヤシオ、サワフタギ、ミヤマウグイスカグラ、ムシカリ、オオバクロモジの5種類です。(ムシカリ、オオバクロモジは2体目以降には使えません)
木の種類の一任もありますが、上記の5種類以外となることがあります。
墓 参 らいはいじょ
礼拝所(=まいりの墓)で行います。埋め墓には、埋骨時以外は入れません。
その他 奥山型樹木葬墓地契約者は、―関の里山型樹木葬墓地関連施設を使用することは出来ません。

                           墓地から周囲を望む



                              周辺地区風景



長倉山 知勝院
〒021-0102 岩手県一関市萩荘字栃倉73-193