目次 > 2008年5月・春の研修

2008年5月・春の研修


 平成20年5月2日から5日までの3泊4日で、一関市の施設を中心に行われました。

 今回は植生調査報告会、仏教学講義、生態学講義など、従来にはなかったメニューを加え、自然を活かした研修の深みを増す内容としました。

研修内容
 1日目は作務(蕎麦の種まき)、植生調査報告会など
 2日目は坐禅(2日目から毎朝)、作務(杉の葉撤去)など
 3日目はクランボン広場での作務、植生説明、トレッキングなど
 4日目は仏教学講義、生態学講義など  


作務(ソバの種まき)の様子
ソバの種まきの様子。秋の研修で収穫し、大迫の水車で挽く予定です。


植生調査報告会の様子
植生調査報告会の様子。発表は東大大学院生の出口詩乃さん。


早朝の坐禅の様子
早朝の坐禅の様子。男性は坐禅堂で・・・。


作務(杉の葉撤去)の様子
急斜面での杉の葉撤去の様子


久保川トレッキングの様子
久保川トレッキングの様子。ゴールの霧後の滝はもうすぐ。


ハスを移植した後、足が抜けなくなった人の救助の様子
足が抜けなくなった人の救助の様子。二人がかりで救助しました。


墓地内の池の泥さらいの様子
墓地内の池の泥さらいの様子。毎年、この池にモリアオガエルが産卵します。


西洋タンポポの除去作業
西洋タンポポの除去作業の様子


仏教学講義
仏教学講義の様子。講師は千坂がんぽう住職。


生態学講義
研修の最後は生態学講義。講師は千葉喜彦氏。





長倉山 知勝院
〒021-0102 岩手県一関市萩荘字栃倉73-193