目次 > 上智大学の研究員

上智大学の研究員が訪れました


 7月3日から4日間、オックスフォード大学から上智大学に研究員として留学し、文化人類学、特に樹木葬を研究しようといているボレー・セバスチャンさんが樹木葬墓地や関連施設を訪れました。

 「クランボン広場」、ログハウス「悠兮庵」、樹木葬墓地、そして花巻市大迫町にある「桂宮の里」など、勢力的に見学されました。

 最終日には祥雲寺において、千坂住職から樹木葬や里山保全の考え方などをヒアリングされました。
 


「クランボン広場」内の四阿(あずまや)に駆け上がるボレーさん


千坂住職がログハウス「悠兮庵」内で説明する様子


樹木葬墓地内での様子


大迫町の「桂宮庵」2階での様子


ボレーさんも「桂宮の里」の水車小屋内のしくみに関心があるようです




長倉山 知勝院
〒021-0102 岩手県一関市萩荘字栃倉73-197