目次 >2006年5月春の研修

2006年5月・春の研修


 平成18年5月2日から5日までの3泊4日、樹木葬墓地契約者を対象にした研修が一関市の施設を中心に行われました。

 参加者31名は間伐作業、坐禅のほか、久保川沿を歩くトレッキングなどを行いました。

     (画像をクリックすると、大きいサイズの画像が見られます)

5月2日
祥雲寺、満開のしだれ桜が出迎えました。
祥雲寺で作礼の後、自然体験研修林に移動して、ログハウス「悠兮庵」前にてハイイヌツゲの抜去作業。
夕食は知勝院会館で、献立は山菜料理が中心です。
5月3日
早朝、知勝院本堂での坐禅の様子。
久保川沿いにあるトレッキングコース出発点の「クランボン広場」に向かう様子。 

「クランボン広場」では落葉撤去を行いました。
みんなの力を結集して・・・。
「クランボン広場」内にある遊具(誤字ではありません)の空中四阿(くうちゅうあずまや)で記念撮影。
「クランボン広場」での作業も終わり、「霧後の滝」を目指して、トレッキング開始!。
夕食後、「一関星の会」の指導で星空観測会。
話題のシュワスマン・ワハマン彗星も見ました。
5月4日
快晴。
本日の作業はログハウス「悠兮庵」がある自然体験研修林内です。
写真は須川岳を臨みながら休憩の様子。
祥雲寺の組織、祥友会会員が夕食の準備。
地元産の岩魚(いわな)を炭火で焼いています。
5月5日
最終日の作業は知勝院境内にて。
休耕田にハス、スイレン植樹の様子。
畑には野菜を・・・。
ソバの種もまきました。
秋の研修で収穫し、大迫の水車で挽く予定です。

4日間の研修も終わり、秋の収穫を楽しみに解散しました。
お疲れ様でした。




祥雲寺別院 長倉山 知勝院
〒021-0102 岩手県一関市萩荘字栃倉73-197