目次 >2006年2月冬の研修

2月、冬の研修


 平成18年2月10日から12日までの2泊3日で、秋田県大仙市刈和野と花巻市大迫町の「桂宮の里」で冬の研修が行われました。

 秋田では国指定重要無形民俗文化財「刈和野の大綱引き」に参加し、花巻市では「かんじき」を履いて雪の雑木林を歩いたり、国指定重要無形民俗文化財「大迫、岳神楽」の鑑賞など、盛りだくさんの内容でした

     (画像をクリックすると、大きいサイズの画像が見られます)

2月10日
秋田県大仙市刈和野の本念寺にある、戊辰戦争で戦死した旧一関藩士の墓前で読経しました。
秋田の宿泊場所、強首温泉「樅峰苑」にて。
住職講話「綱引きの思想」。
「刈和野の大綱引き」の様子。
2月11日
花巻市大迫町の「桂宮の里」に移動。

(間伐体験でおなじみの)千葉喜彦氏が「かんじき」の履き方を説明。
これが「かんじき」です。
千葉喜彦氏の手作り!です。

 
「かんじき」履いて、参加者全員の記念撮影。
後ろの建物が「桂宮庵」です。
夜は桂宮庵で「岳神楽」を堪能しました。
お酒も入り、桂宮庵が歌声喫茶に・・・。
2月12日
早朝、桂宮庵供養室での坐禅の様子。
一関戻り、研修終了後、墓参へ。
墓地入口付近の様子。




祥雲寺別院 長倉山 知勝院
〒021-0102 岩手県一関市萩荘字栃倉73-197