目次 > 桂宮庵 開設式

桂宮庵 開設式


 平成17年9月8日、ハヤチネウスユキソウで有名な早池峰山麓、大迫町内川目地区に縁あって知勝院の関連施設を開設することになりました。農家の旧宅を改装し、「桂宮庵」と名づけ、樹木葬契約者の自然体験研修所として、また、地元の方の集会所として、活用していきます。

 当日は、開設式が行われ、祥雲寺長谷観音堂から、本尊として長谷観音が遷座されました。

(画像をクリックすると大きいサイズの画像が見られます)


「桂宮の里」のシンボル、水車小屋。

将来はここで、そば粉をついて、利用者に振舞われます。
自然体験研修所 兼集会所「桂宮庵」。

台所、水洗トイレ、ユニットバスも備え、1階、2階合わせると80人程度宿泊できます。
本尊は祥雲寺長谷観音堂から遷座しました。

遷座式の様子。
遷座式には地元の方もご参加くださいました。
一関市の達古袋(たっこだい)神楽が「桂宮庵」開設のお祝いとして奉納されました。
達古袋神楽、「安宅の関」、弁慶が勧進帳を読み上げる場面。




祥雲寺別院 長倉山 知勝院
〒021-0102 岩手県一関市萩荘字栃倉73-197