目次 > 京都・奈良の旅

京都・奈良の旅


本山妙心寺の花園会館に宿泊して、樹木と水源の結びつきの重要さを探るために貴船、稲荷山、飛鳥の古墳を訪れ、住職の宗教的原点を探るために妙心寺、東福寺、万福寺を訪れました。

花園会館 本山の宿坊ということで窮屈なイメージがありますが、ツインの立派な部屋に分かれ、ゆっくり休めました。檀家以外でも宿泊できます(シングルの部屋もあります)ので、ご利用ください。(http://www.myoshin.com/navi/kaikan.htm
東福寺 五山文学を研究している聖和学園短期大学千坂げんぽう教授のもと、官寺であった京都五山の一つ東福寺を調査団として訪問致しました。東福寺の15世となった虎関師錬禅師などの関する論文は、白帝社(http://www.hakuteisha.co.jp)にご注文ください。
明日香村 欽明天皇陵、文武天皇陵などを千坂住職がレンタサイクルで案内しました。
古墳を大化2年(646年)の薄葬令との関係で考えようという新しい視点は、3月16日の東京・樹木葬フォーラムで発表します。
ウォーキング 鞍馬寺から貴船、伏見稲荷は一の峰まで、と希望者とは徹底的に歩いて古代人の信仰の世界に迫りました。

鞍馬奥の院で、鞍馬山のご神体に参拝
本山「妙心寺」で管長と共に。(お話と読経)
調査団として国宝「東福寺」三門を見学
調査団として国重文「東司(とうす)」を見学
国重文「東福寺仏殿」にて、虎関師錬禅師の位牌と対面
万福寺宝蔵院にて、祥雲寺六角堂(転輪一切蔵)に
あさまる経典の版木と鉄眼禅師像
明日香村、石舞台古墳前にて、サイクル部隊出発。





臨済宗 大慈山祥雲寺
〒021-0873 岩手県一関市字台町48-2