目次 > 追悼儀式「樹木葬メモリアル2」

追悼儀式「樹木葬メモリアル2」


般若心経読誦の千坂住職(中央)、田村純一茂林寺住職(右)と徒弟千坂英俊(左)

 平成11年11月1日に使用許可を受けた「樹木葬墓地」には、もう80体の遺骨が埋蔵されています。 1年に1回、亡くなった方の供養会をしようということで昨年から始まったのが「樹木葬メモリアル」です。 2002年(平成14年)は7月13日(土)台風一過の晴天下、樹木葬墓地内で開催されました。
 契約者約150名、スタッフ30数名の応援のもと、厳粛に式典が挙行されました。

 メモリアル終了後、オプショナルツアーが行われました。
 参加者は須川の「くりこま山荘」に宿泊、翌日、須川の秋田県側周辺を探訪しました。




開式を待つ参加者たち


献花を行うご遺族


オプショナルツアー「須川(秋田県側)を楽しむ」
93歳の西方さんが今
年も参加されました。
小安峡に向かう一行
小安峡をのぞきこむ
見下ろした、噴煙を
上げる小安峡
両関酒造で説明を
受ける一行




臨済宗 大慈山祥雲寺
〒021-0873 岩手県一関市字台町48-2