目次 > 追悼の儀式「樹木葬メモリアル」

追悼の儀式「樹木葬メモリアル」





 2001年6月18日(日)、樹木葬墓地を契約した人々110名が追悼の儀式「樹木葬メモリアル」に、一関の里山に集まりました。
 同日、大正大学の藤井正雄教授、カナダ人宗教学者マーク・ロー氏が祥雲寺と樹木葬墓地を訪れ、樹木葬墓地について取材を行いました。

 メモリアル終了後、オプションとして「須川温泉と山野草を楽しむ会」を翌18日にわたって行いました。約60名が参加しました。



尺八で来山者を迎える 般若心経読誦 聖者朗読 篠笛献笛
篠笛を聴く参会者 仏教聖歌独唱 献花中に行われた仏教聖歌合唱


須川温泉と山野草を楽しむ会
92歳の西方さんも仙台から参加し、
お花畑などを見学しました。
お花畑(名残ヶ原)を見学する一行。
朝5時起きで頂上に向かった一行は
満開のミネザクラを堪能しました。
須川岳(栗駒山)の登山道は、
6月でもこんなに雪渓があります。





臨済宗 大慈山祥雲寺
〒021-0873 岩手県一関市字台町48-2