目次 > ソフト化賞授賞式

ソフト化賞授賞式

樹木葬墓地がソフト化賞に選出されました
 ソフト化賞は大蔵省認可の社団法人ソフト化経済センターが社会・経済の新しい動きを表彰し、世に広めようという目的で行っているものです。 今年は、樹木葬の外に4件が受賞し、平成12年12月4日の「ソフトノミクスフォォーラム2000」(会場は内幸町ホール)で授賞式が行われました。


ソフト化賞授賞式(2000.12.4)


『----「樹木葬」で日本人のDNAを直撃----
 あなたは、日本人の自然への回帰の心をとらえ
 年と地方を結ぶ新しいモデルである「樹木葬」を事業化しました
 よってここにソフト賞を贈り その功績をたたえます』 と日下公人・社団法人ソフト化経済センター長から千坂住職に表彰状と盾が贈られました。
(写真は「樹木葬」についてプレゼンテーションする千坂住職)

 ソフト化賞とは:
 私たちの生活の周辺には、新時代の創造をめざした、たくさんの先端的な動きや、次世代を示唆する兆しが見受けられます。これらは、小さな動きであっても、やがては社会や経済を変革する大きな変化につながる可能性を秘めています。
 ソフト化経済センターは、こうした先端的な動きをとらえ、勇気を持って実行していく人々の業績をたたえ、応援しています。(ソフト化経済センターのパンフレットより)




臨済宗 大慈山祥雲寺
〒021-0873 岩手県一関市字台町48-2